高濃度ヒアルロン酸 CLEVIEL

高濃度ヒアルロン酸注射 CLEVIEL

※注射イメージ画像※

 

CLEVIEL(クレヴィエル)とは

045

世界最新のテクノロジーで開発された高濃度・高密度のヒアルロン酸です。

他のヒアルロン酸に比べ、2倍以上の密着性と4倍以上の弾力性があり、周りに流れにくく、従来のヒアルロン酸では形の維持が難しかった、シャープさが求められる鼻や顎の形成に向いており「注入するプロテーゼ」とも呼ばれています。

クレヴィエルのような粘性・弾性に優れ、形成に向いているヒアルロン酸は架橋剤(化学物質)を使用し分子を結合させるのが一般的ですが、この架橋剤が注入後の腫れをだす原因の一つでもありました。

CLEVIELは特殊技術により分子間同士に物理的に架橋を与えることで架橋剤の使用を最小限に抑え、高濃度・高密度が実現しました。

化学物質を減らすことで副作用や腫れなどダウンタイムの軽減、注入後の長期持続に成功しました。

他のヒアルロン酸の持続は半年~10ヶ月程度、長くて1年なのに対し、CLEVIELは1年~1年3ヶ月程度。現時点では世界で一番持続の長いヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は元々体内にある物質の為、徐々に吸収されていきますが、従来のヒアルロン酸より密度が高く、吸収に時間がかかること、ヒアルロン酸分解酵素に強いことが長期持続に成功した要因でもあります。

注入後、仕上がりが思い通りにならなかった際は専用の薬剤を使用し、分解・除去ができることはヒアルロン酸の特徴であり、良い点とも言えます。

また、痛みを軽減するリドカイン(麻酔)入りにバージョンアップし、痛みに弱い方も安心してお受けいただけるようになりました。

注入部位と効果

鼻筋(鼻先を除く)…鼻筋を通す・鼻を高くする・段鼻の改善。 横に広がらずシャープな印象に仕上げます。

あご…アゴ先をとがらせる・前に出す。・二重あごの改善・たるみの改善。 シュッとしたラインをつくり、美しいEラインに。

ゴルゴライン(くっきりとしたシワ)…頬の中央に出てくる溝です。 この部分が凹んでくると疲れたように見えたり、歳をとって見えやすいです。

持続期間

CLEVIEL の持続期間は?

個人差はありますが、1年~1年3ヶ月前後持続します。注入後から少しずつ吸収されていくので、1年以内に少しずつ足していく方法をとることが多いです。

次回の施術では吸収された分を足すことになりますので、 前回の施術よりも注入量も費用も少なくて済みます。

施術について

注射時の痛みや術後の経過

痛みの強さは注入する部位によって異なります。
もちろん個人差がありますが、一般に目元・鼻筋・あごの処置は痛みを訴える方が少なく、口元・眉間・額は痛みを訴える方もいらっしゃるようです。いずれの処置についても、麻酔クリームを してからになるので針の痛みは緩和されます。
ヒアルロン酸を注射する時は、注入による圧迫痛を感じます。術後は翌日から3日間少し腫れた感じになり、触ると鈍痛やボコッとした感じが部位により一週間ほど残りますが、 日々和らいでいきます。また、内出血をしてしまった場合は約1週間、青あざができてしまった場合は引くまでに約2週間ほどかかります。

ヒアルロン酸分解除去(やり直したい・ヒアルロン酸を取りたい時)

s-ヒアルロニダーゼ → 詳しくは「ヒアルロン酸分解除去」ページをご覧ください。

注意事項・その他

ヒアルロン酸注射後の注意点

注射直後より効果が実感できます。
ヒアルロン酸注射は安全かつ短時間で終了しますので、気軽に受けていただけます。施術後は過度にこすらないようにしてすぐにメイクしてお帰りいただくことも可能です。医師が直後マッサージをしてなじませることがありますが、特に医師の指示がない限り定着するまで(約1週間程度)過度なマッサージは控えてください。