ホスピタウン

hospitown-kuma

  目の下のクマ、消す治療はあるの?


Q  夜更かしが原因で目の下にクマ。消す方法はありますか?
仕事などで夜更かししていたせいか、目の下に黒すんだクマができてしまいました。消す治療というのはあるのでしょうか。また、自分ではどんな手入れをすればいいのでしょう。(38歳・女性)
A  濡れタオルで冷やしたり、毎日スキンケアを
クマと呼ばれる目の下の黒っぽい部分は、静脈中の血液の色です。水分を取ってすぐに寝る、お酒を飲んで寝る、疲れがたまっているなどの場合に血液がうったいするので、クマがドス黒くはっきり見えます。特に低血圧の人は血液がうったいしやすいので、朝起きた時などはドス黒く見えるのが強調されます。
血管は温まると広がり、冷えると縮むので、対処法としては、フリーザーに入れた冷たい濡れタオルなどをしばらく当てて、冷やしてあげるといいでしょう。また、寝る直前に水分をとるのは控えましょう。
皮膚の真皮をつくっているコラーゲン線維やエラスチン線維という線維は、皮膚のハリを保ってくれるものなのですが、年齢が進むとともに少なくなってきます。これらの線維が減ってくると、真皮はスカスカになり、たるんできます。たるむと、真皮の下にある脂肪が出てきて陰影をつくるので、余計クマが目立つように見えてしまいます。
この陰影をとってあげるだけでも、クマは改善されて見えるようになります。たるみをとる方法は2つです。
  • ① たるんだ部分にコラーゲン線維、またはヒアルロン酸という皮膚の真皮にある成分を注射で注入する。
  • ② たるんだ皮膚を切り取って、たるみの元と言われる脂肪組織を切り取る手術を受ける。
日々の努力も大切です。抗シワ効果の有効成分が多く含まれるものを毎日スキンケアのなかに取り入れましょう。紫外線はジワジワと皮膚の奥深くに入り込み、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。日焼け止めも毎日しっかり塗りましょう。