乾いた肌には毛穴が増える

s-013

「乾いた肌には毛穴が増える」

35歳から頬を直撃。乾いた肌には毛穴が増える。

乾いた肌には毛穴が増えるの記事

013

35歳から頬を直撃!
乾いた肌には毛穴が増える

「老け」+「だらしない」イヤ~なイメージの毛穴。
皮脂毛穴やたるみ毛穴の目立つ春夏だけじゃなく、肌が乾いてしぼむ冬は新たな毛穴に要注意!
毛穴がつながってしわも増える前に、うるおい洗顔ともっちり保湿で肌内部から立て直す。



毛穴ケアで美人度、若さがぐっと違ってきます。

ひたい
夏に多いポピュラーなトラブル・ベタベタ毛穴

皮脂分泌が多いTゾーンを含むひたいは、毛穴を皮脂が押し広げています。アルコールや糖分の過度な摂取も、過剰分泌を起こす一因
水分不足で目立っちゃう!乾燥毛穴

面積が大きい分、水分が蒸発しやすく顔の中で最も乾燥するのが頬。肌が乾くとキメが乱れて、毛穴が目立つようになります
鼻・小鼻
ザラザラ警報発令中!黒ずみ毛穴

鼻がザラザラしやすいのは、ターンオーバーの乱れで古い角質がたまるから。それが角栓のもとになり、毛穴が黒ずんで見えます
あご
大人ニキビ(アダルトニキビ)の原因にも。詰まり毛穴。

あごも皮脂の分泌が多いため、角栓が詰まり大人ニキビ(アダルトニキビ)と呼ばれる、20代後半からのニキビができやすい部分です
「毛穴を目立たせる原因は皮脂や角栓と思われがちですが、オソロシイことに、それ以外の要因でも毛穴はできるんです」世代を問わず増えている、と感じるのが”乾燥毛穴”。乾燥毛穴とは乾燥が肌荒れを引き起こし、キメが乱れて毛穴が開いて見えるもの。毛穴の目立ちは、丁寧にメークしてもカバーできず、老けた印象は避けられません。そんな”オパサン肌”にならないためにも、早いうちからの乾燥毛穴ケアが大切!
「乾燥毛穴は、ゴシゴシクレンジングや洗顔をやめて、うるおいを与える保湿ケアを心がけること。化粧水などでこまめな水分チャージをしてください」
毛穴に特化した美容液もたくさん登場しているので、これらをケアに加えることもオススメ。
肌は乾いているのに、頬の毛穴が目立つという人は、次ページからのケア方法をチェックして、乾燥毛穴のない美人な若々しい肌を取り戻しましょう。
キメの粗い肌 キメの粗い肌 水分量が足りず荒れてしまった肌は毛穴が大きく開き、キメも不均一。しっかり保湿が必要!
キメの細かい肌 キメの細かい肌 細かなキメがそろっている、理想的な肌。水分量と皮脂分泌のバランスがちゃんととれている証拠

クレンジング

汚れは落としても、うるおいは逃がさない!
スキンケアはクレンジングから始まる!

ストップ!ゴシゴシクレンジング
Tゾーンがベタつくから、とゴシゴシクレンジングでこすっている人、ちょっと待って!実はそれによって肌に必要な皮脂まで落として、乾燥毛穴を進行させています。乾燥毛穴を目立たせないためにも、クレンジング料はちゃんとうるおいを残すものを選んで
毛穴うめPOINT
クレンジング料はたっぷりと

マスカラ、口紅などのポイントメークは、湿らせたコットンを30秒ほどおいてから、やさしく拭き取って。コットンもできるだけ良質のものを使えば、肌も傷つきません。
お手軽 泡クレンジング
はじめから泡で出てくるタイプなら、クレンジングもカンタン。
熱いお湯ですすぐと乾燥やシワの原因になるので、すすぎはぬるま湯でしっかりと
こすらず、ていねいに伸ばす
オイルクレンジングの場合は、らせんを描くようにTゾーンや小鼻など皮脂の多い部分から、頬や口のまわり、目もとなど乾燥しやすい部分へなじませます。

洗顔料

しっとり洗顔で、うるおいはキープしたまま
保湿成分がなじみやすい肌に

ていねいな洗顔がスキンケアを決める!
毎日行うため、洗顔料の泡立てがおざなりになっている人も多いはず。でもしっかり泡立てることで、その日ついた汚れをしっかり落とせ、次に使う化粧水の浸透力が高まるんです。基本を見直すだけで、その後のスキンケア効果がぐっと違ってきますよ
毛穴うめPOINT
包立て方が溌顔を左右する

ネットや洗顔パフを使えば、泡立ても楽チン
じゅうぶんに泡立てないと使えない固形石鹸なら、もっちりとした泡をつくる習慣ができ、いつでもやさしい洗顔に
もっちり泡で、汚れを吸着!
泡が細かければ細かいほど汚れが洗顔料に吸着しやすくなります。シェービングクリームくらいの固さになるまでしっかり泡立ててから、肌にのせましょう
洗顔料のすすぎ残しに注意!
髪の生え際やこめかみ、あごは洗顔料のすすぎ残しが多い部分。肌に残った洗顔料はダメージのもとなので、すすぎは20回~30回は繰り返して

化粧水

あふれ出るほどのうるおいを。化粧水ケアの方法を見直せば、うるおい力が変わる!

自分にぴったりの保湿力成分があるものを
肌のキメを整えるため、乾燥毛穴には保湿系のしっとり化粧水が欠かせません。
でも、うるおい系化粧水は数多く、最愛のものを見つけるのは難しいもの。そこでここでは、注目を集める成分を配合した化粧水をご紹介!きっとぴったりのローションが見つかるはず
毛穴うめPOINT
ケチらず、大きめコットンにたっぷりと

コットンは大きめなものがベスト。その裏までヒタヒタになるほど化粧水をしみ込ませば、肌とコットンの間に摩擦を起こさず、刺激なくパッティングができます。
やさしく押さえるパッティングを
内側から外側に向け、ゆっくり押さえるようにして化粧水を浸透させるパッティングを。
乾いたり、毛羽立ったりする前にコットンはは新しいものに替えて
旅行にも便利!スキンケア用ウェットクロス
最近はコットンだけでなく、スキンケア用のウェットクロスも登場しています。コットンメッシュなので、毛羽立ちもなく1枚あれば便利。

美容液

いつものお手入れにプラスするだけ!ピンポインケアで、毛穴を目立たせない。

毛穴専用美容液で集中毛穴ケアを
肌悩みの上位に、いつも顔を出す毛穴トラブル。そのため、毛穴ケアに特化した美容液がここ数年、次々と発売され、注目を集めています。また、うるおい系美容液も、乾燥毛穴には欠かせないので見逃せません!いつものケアにプラスして、しっとり肌を取り戻そう!
毛穴うめPOINT
人肌温度になってから肌にのせる

まず手のひらで伸はして、美容液を人肌温度に温めれば肌にもなじみやすく、手でうるおい成分をラップできます。続けてコットンに含ませた美容液を塗れば、肌はもっちもち。
毛穴、しわには重ね塗りを
面積の広いひたいなどは手のひら、細かい部分は人さし指、中指、薬指で内側から外側に向けでなじませて。気になる部分は、重ね塗りをすればより効果的
マッサージ効果も兼ねるパッティング
パッティングは肌を刺激するためではなく、血液やリンパの循環をよくするために行うもの。肌をいたわるやさしいパッティングで血行を促進させて

乳液&クリーム

補給したうるおいは絶対逃さない!!乳液&クリームでしっかりフタを

うるおいを、パワフルラッピング!
化粧水で届けた水分を肌にしっかりと閉じ込め、保水させるのに欠かせない乳液とクリーム。乳液&クリームの強力なラップ力があれば、肌の砂漠化を徹底ガードできちゃいます!肌状況や気分に合わせて、乳液とクリームを使い分けてみるのもGOOD!
押し込んで、2度塗りでしっとり肌
特に乾燥した部分は、手のひらで押し込むように塗れば、肌のもちもち感もアップ。乳液は2度塗りすれば、効果がより発揮できます。
コットンを使えばいやなベトつきもない
手で乳液を塗るとベタベタ感が残っていや、という人はコットンを使えばOK!コットンが余分な油分を吸収し、肌に必要な水分と油分だけ与えるので、不快なベタつきもナシ。

シートマスク&パック

瞬時にうるおいをチャージ!週に1度は、シートマスク&パックのスペシャルケアを

翌朝には肌の違いが実感できちゃう
手に負えないほどカサついた肌には、シートマスクやパックが一番。たっぷりのうるおい成分を短時間で肌に届けるので、乾燥シーズンには心強い。面倒くさいと思っている人こそ、週に1度はスペシャルケアとして取り入れて、みずみずしい肌をGET!
しっかり密着させて真の効果を発揮!
小鼻まわりや目元などは、ていねいに密着させること。やみくもに長時間のせるよりも指示どおりの時間を守ることが、効果を最大限に発揮させるコツ。
肌が見えない程度に伸ばす
頬とひたいは中心からこめかみ方向に向かって、あごから頬にはたるみを持ち上げるように薄く伸ばします。首は下から上に向かって伸ばして

化粧下地

肌表面をなめらかにととのえて、うるおいもしっかりキープする!

化粧水をしっかりなじませておくこと
最初に化粧水で毛穴を引き締めて肌を整えておくと、化粧の持ちはグンとアップします。化粧下地は凹凸に沿って、指の腹で埋め込むようにつけていきます。小じわや毛穴の目立つ部分には2度づけを。さらさら感が感じられたら、最後に指の腹でトントンと軽くたたいてなじませましょう。ていねいな薄づきのベース作りが、毛穴レス肌への近道です。