駆け込み保健室

s-030

  駆け込み保健室

  カラダ&ココロの悩みをガチンコ相談!!
  美人女医の駆け込み保健室
  体調が今ひとつだと、何をやっても楽しくない。
  読者100人のアンケー卜から上がった、カラダとココロの率直な悩みや疑問を専門の医師に直撃!先生、ぼくらをガツンと診察して癒してください!!
 

鈴木稚子先生に聞く!

駆け込み 



Q  足の巻爪が悪化。歩くだけで激痛がはしる。
A  あまりにヒドイようなら皮膚科を受診してください。

巻爪は足の親指の爪が、深爪や合わない靴が原因となって、爪の両サイドが指の肉を巻きあげてしまう状態。親指は他の指と違い、体重を支える役割があるので、あまり深爪をすると、伸びてきたときに皮膚にめりこんで、巻爪をおこしてしまうのです。別名を陥入爪(かんにゅうそう)といい、それが悪化すると化膿や炎症をおこして、痛みをともないます。皮膚科を受診して、処方された飲み薬や塗り薬を使えば治りますが、普段から深爪や靴に注意して、予防することが大切です。
Q  顔や胸に弾力性のしこりが・・・。コレってなに?
A  成人男性によく見られる粉瘤です。

成人男性に見られる皮膚の病気。毛穴がふさがって、皮脂や汚れが皮膚の下に袋状にたまり、弾力性のあるしこりができている状態です。直径1cmから数cmのものまであり、顔や背中、胸、足底などにできます。痛みや炎症がない場合にはとくにそのままでいてもOKですが、自分で気になるようだったり、赤く腫れてしまうようだったら、皮膚科を受診してください。患部を切開して、飲み薬や塗り薬を服用すればすぐに治ります。予防法としては、普段から皮膚を清潔に保つことや、小さな傷でもよく消毒することが大切です。
Q  腕のタトゥーを消したい。方法はあるの?予算はいくらくらい?
A  レーザー照射などがあり。予算は大きさ等で異なります。

レーザー照射がいちばんキレイに消せると思います。とくに黒やブルー、赤などはレーザーに反応しやすく、消しやすいのですが、海外で入れた場合に多い、カラフルなタ卜ゥーは消しにくいので要注意。また、実際に入れた墨の量もポイント。大量の墨を使い皮膚の深いところまで入ったタ卜ゥーは、それだけ消えにくいと思ってください。それから予算に関してですが、大きさや範囲にもよりますが、タ卜ゥーを入れたときよりも消すのは、その10倍や20倍かかるもの。タ卜ゥーを入れる場合には、よく考えてからにしましょう。
Q  父の水虫がうつった。足以外に手まで!なぜだ!
A  水虫は足以外に、手や頭皮にうつる場合もあるので注意。

この菌が皮膚の上で繁殖すると、かゆみや水ぶくれ、発疹などを引き起こします。カビである水虫は、ジメジメした高温多湿な場所が大好き。自分が水虫であるという疑いがある場合は速やかに皮膚科に行き、患部を清潔に保ち、処方された薬をきちんと使用するようにしましょう。また、水虫の人が使ったタオルや、足ふきマッ卜、スリッパなどは感染源になるので、家族に水虫の人がいるときは要注意。足以外にも手や頭皮、陰部にもうつる可能性もあるので、たかが水虫と思わず、きちんと治療をしましょう。
Q  最近肌の潤いがなくなってカサカサ。やっぱり男子にもお肌の曲がり角ってあるの?
A  大きな曲がり角はなくても、少しずつ肌の潤いは失われていきます。

人間は思春期をピークに、ホルモンの分泌が減っていくもの。そのため、年齢とともに肌の水分量が減り、潤いがなくなっていくのはしかたのないことです。男性の場合は、女性よりも皮脂分泌が多いことから、肌の乾燥を実感する人は少ないようですが、自分で思っているより、実際はかなり肌の乾燥値が高いもの。カサカサした肌が気になるようだったら、洗顔後やシャワーの後に、潤い効果の高いローションをつけてみては?最近では、密閉性の高い住宅が多いことも、肌が乾燥しやすい要因のひとつになっています。
Q  慢性的な目の下のクマ。かなり人相が悪いのが気になる。
A  寝る前の水分やアルコールのとりすぎに注意!

女性や低血圧の人に多いのですが、それ以外には、寝る前に水分やお酒を飲みすぎたりということも、原因のひとつになります。寝ている間に目の下に血液が鬱血(うっけつ)して、皮膚が黒すんで見えるのがいわゆる「クマ」。とくに目の下は皮膚が薄いので、血液がたまりやすく目立ちやすいのです。また、足がむくむのと一緒で、血行が悪い状態が続くとおきるものなので、夜寝る前にゆっくりとお風呂に入り、血行をよくしてから眠りにつくといいでしょう。目のまわりを指で軽くマッサージするのも、血の流れをよくし効果的ですよ。
若い男子に多い病気
脂漏性皮膚炎

性病とともに皮膚科を受診する若い男子に最近増えているのが、「脂漏性皮膚炎」です。ある日突然、頭皮が赤くなり大量のフケがでる症状が特徴で、人によってはかゆみか強くでる場合もあります。これは、頭皮の皮脂腺からでる脂が酸化されて、過酸化脂質という刺激物にかわり、皮膚を刺激しておこる病気。もともと遺伝的な要素の強い病気ですが、このような症状に思いあたる節がある場合は、速やかに皮膚科を受診して、飲み薬&塗り薬を処方してもらってください。また、シャンプーや入浴は毎日するようにしましょう。皮脂や雑 菌を洗い流し清潔にすることが、刺激物の発生を抑えることにつながります。一度かかってしまうと、なかなか治りにくいものですが、気長に治療することが大切です。