肝斑治療

肝斑とは・・・

肝斑はシミの一つです。肝斑・シミを診断し、適切に治療いたします。

肝斑治療

▲肝斑治療

肝斑とは、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種で、両頬・額・下顎・上唇(鼻の下)に左右対称にでてくるのが特徴です。

シミの境界がはっきりとしておらず、出きはじめの時はまわりとの濃淡の差もあまりないので、初期の段階では気づかないことが多いです。

肝斑のできる原因はまだはっきりとは特定されていませんが、ホルモンバランスが崩れた際に、紫外線の刺激や触りグセ・メイクによる摩擦の刺激などが加わることによって 常に炎症が続き、その結果メラニンをどんどん作り出す「炎症性の色素沈着」を起こしている状態と言われています。

肝斑は一度出てしまうと、どんどん拡大し濃くなっていき、色を消してもまた出てきます。そのためメンテナンスが必要になります。 治療後に色が取れたら日常的に外用薬(ブリーチクリーム・レチノイン酸)の使用と内服薬(ビタミンC・トラネキサム酸)の摂取を続けていただくことで、 また肝斑が出てくるのをかなり遅らせることができます。
それに加え、トラネキサム酸と美白成分の導入(メソポレーション)で肌に栄養を与えていくことで、 さらに出てきにくくします。

このように、これまで肝斑に効く治療法はお薬以外ありませんでした。それは、皮膚にダメージを与え炎症を起こすような強いレーザー治療をすると、 肝斑は逆に悪化してしまっていたからです。

そして、これまで禁忌とされていた肝斑にたいしてのレーザー治療を可能としたのが、レーザートーニングです。

レーザートーニングによる肝斑治療

レーザートーニングこれまでのレーザーと異なりレーザートーニングのビームは中心と端で強弱の差がないもので、均一にムラなくレーザーのエネルギーを届けることが可能です。広範囲に弱いパワーで照射をするためメラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。
レーザートーニングの詳細を見る

点滴・注射による肝斑治療

点滴02体の中から栄養素を血液に直接取り込み、メラニンの沈着を内側から防ぎます。
トーニングレーザーでの治療と併用することで相乗効果があり、シミ・肝斑の予防にも役立ちます。
点滴・注射の詳細を見る

高濃度ビタミンC点滴による肝斑治療

s-高濃度ビタミンCによる美肌・アンチエイジング肌は紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとするのでメラニンを生成しますが、ビタミンCには、このメラニンの生成を抑え白く還元させる美白効果があります。
その他、美肌作用、肝斑に効果があります。
高濃度ビタミンC点滴の詳細を見る

レチノイン酸/ブリーチクリーム/ルミキシル(外用薬)による肝斑治療

ルミキシル

レチノイン酸はビタミンAの一種で、皮膚の新陳代謝を活発にし、沈着しているメラニン色素を押し出します。
ブリーチクリーム(ハイドロキノン)は、メラニンを合成する酵素の働きを弱め、さらにメラノサイト(メラニン色素をつくる細胞)の活性を抑えます。今あるシミを薄くし、新しくできるシミを予防します。
また、ルミキシルは、新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームで、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。
レチノイン酸/ブリーチクリーム/ルミキシル(外用薬)の詳細を見る

内服薬・外用薬による肝斑治療

内服薬(イメージ)ビタミンC、トランサミンなど、肝斑の症状や部位に応じて、適切な外用薬、内服薬の処方をいたしております。
内服薬・外用薬の詳細を見る