レチノイン酸/ブリーチクリーム/ルミキシル(外用薬)

外用薬による肝斑治療

key_ointment

レチノイン酸ジェル

レチノイン酸はビタミンAの一種で、海外ではあらゆるシミやくすみ以外にも、しわ・ニキビなどの治療薬sレチノイン酸としても大変ポピュラーに使われている外用です。
誰でも人は、体内にレチノイン酸がわずかに流れているので、抗原抗体反応やアレルギー反応を起こすことはありません。
レチノイン酸は、オイルや軟膏にはとても混ざりやすく、その次にクリームに混ぜやすく、ジェル基剤で作るのには技術が必要です。
しかし、当院で作成しているジェル基剤のレチノイン酸は、同じ濃度のクリーム基剤よりも5倍肌の中へ浸透し、オイルや軟膏基剤のものに比べると10倍以上浸透しますので、同じように塗っていても、かなり高い効果を出すことができます。

レチノイン酸の働き・効果

  • 表皮の細胞に働きかけて細胞をどんどん分裂させ皮膚の再生を促すことで、2週間ほどで表皮が置き換えられます。
    古い角質が剥がれて角質層は薄くなりますが、表皮はふっくらと厚くなります。
  • 皮膚の新陳代謝を活発にし、沈着しているメラニン色素を押し出します。
  • コラーゲンを生成する線維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンを増生しますので小じわが改善され、お肌にハリが生まれます。
  • 皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑えてくれるので、オイリー肌の改善につながります。
    また、肌表面の余分なものを取り除き、毛穴をふさいでいる角栓が剥がれやすくなりますので、今あるニキビの治療とニキビのできにくい肌にしていく予防との両方の効果があります。
  • お肌の老化の進行を防いで、本来の健康な若々しい皮膚に近づけていきます。

適応症状

  • 老化のシミ
  • 肝斑
  • そばかす
  • 色素沈着
  • あざ

その他の適応症状

また、その他の適応症状として下記のような症状にも効果があります。

  • ニキビ
  • 小じわ
  • たるみ
  • 脂性肌
  • 肌の老化予防
  • 目の下のクマ

レチノイン酸の反応

使用後2~3日後から、薄皮がポロポロはがれてきたり、赤み、ひりつき等の症状がでますが、これはレチノイン酸の効果によるものですので、問題はありません。
シミや肝斑の症状の出方には個人差がありますので、その方の肌質にも合わせて使用方法や濃度を変えていきます。
しかし、この症状はそのまま使用を続けるうちに、少しずつ治まってくることがほとんどです。

ご使用上の注意
・冷蔵保存で使用期限は1ヶ月です。
・日中は日焼け止めを必ず使用してください

関連した料金表はこちらから

 


 

ブリーチクリーム(ハイドロキノン)(シミ取りクリーム)

ハイドロキノンは、メラニンを合成する酵素の働きを弱め、さらにメラノサイト(メラニン色素をつくる細胞)s-ブリーチクリームの活性を抑えます。今あるシミを薄くし、新しくできるシミを予防します。
ハイドロキノンは単独で使用するよりも、ビタミンCとトラネキサム酸の内服やレーザートーニング、ライムライト、YAGレーザーなどと併用し効果を高めて治療するのがお勧めです。

適応症状

  • シミ
  • 肝斑
  • 色素沈着など

使用方法と反応の出方

使い始めの1週間は、1日1回 夜のみ使用して下さい。
洗顔後、いつも通りのスキンケアをしてから綿棒を使ってシミの部分に塗ります。塗るときは、ゴシゴシ塗りこんだりせずに優しくつけて下さい。
使用後にほんのりとした赤み・ヒリツキ・かさつきの症状が出る事がありますが、ほとんどの場合は問題ありません。
ただし、1~2回の使用でひどく赤くなったり、腫れが出たり等の異常な症状が出た際は、すぐに使用を中止して、ご相談ください。
ハイドロキノンがお肌に合わず、かぶれている可能性があります。

ご使用上の注意

日中は必ず日焼け止めクリームを塗って、日焼けをしない様にして下さい。
ブリーチクリームは、冷蔵保存で使用期限は3ヶ月です。
期限の切れたものや、黄色や茶色に変色してしまったものは、ご使用にならずに新しいものに変えるようにして下さい。


ブリーチクリーム sensitive(プレミアムハイドロキノン)(シミ取りクリーム)

通常のハイドロキノンより溶解性や、安定性にすぐれた基材を使用して、アレルギー反応が起こりくいs20120224 042構造にした新型のハイドロキノンです。
以前にハイドロキノンを使用してかぶれてしまった方、お肌が弱くて(敏感肌など)ハイドロキノンを使うのが心配な方にお出ししております。

関連した料金表はこちらから


センシル(C'ensil)

医療用の次世代型高濃度ピュアビタミンC美容液です。3ピュアビタミン 
お肌の真皮層まで浸透し、メラニンを抑制してくれます。 低刺激タイプなので敏感肌やお肌の弱い方にも安心してお使い頂けます。 以前にハイドロキノンを使用してかぶれてしまった方、お肌が弱くて(敏感肌など)ハイドロキノンを使うのが心配な方にお出ししております。

関連した料金表はこちらから

センシルの特徴

・真皮層までの吸収力(浸透率)が高い
・ビタミンC成分の長時間持続を実現
・アルコール・防腐剤など保存料フリー
・安全性が高く酸化しにくい
・敏感肌の方にも使用できる低刺激
センシル単体でお使いいただくのも効果的ですが、シミや肝斑治療のレーザーと組み合わせるとより一層効果が高まります。
また、ブリーチクリームとレチノイン酸ジェルと併用して使用していただくことも可能です。 ※レチノイン酸を使用している部位は作用が強く出ることがあります。院長またはスタッフにご相談の上ご使用ください。

使用方法

朝・夜の洗顔後に肌が乾いた状態で手のひらに適量(1~3滴)をとり、気になる箇所に塗布してください。※顔全体は3~4滴
お肌にセンシルが吸収された状態(肌表面が乾いた状態)でその後、化粧水・美容液・乳液など通常どおりのスキンケアを行ってください。
朝のご使用時には、最後に必ず日焼け止めをお使いください。 低刺激になりますがまれに肌への浸透時にピリピリ感を感じる事があります。※しばらくして治まる場合には特に問題はありません

使用上のご注意

・乾燥肌の方がご使用される際には多少しみるような感覚になることがあります。低刺激化粧水などでお肌を整えた後にご使用されることにより緩和されることもございます。
・ベピオゲルと併用してお使い頂く際は、同じ箇所にベピオゲルとセンシルを使用しないようにしてください。(ベピオゲルは酸化作用があるため、ビタミンCとの相性が良くありません)

ルミキシル(LUMIXYL)(美白クリーム)

ルミキシルルミキシルは、米国スタンフォード大学の研究によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです(医療機関専売品)。
Lumixylペプチドは天然由来成分のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。
ルミキシルはメラニン生成を均一に抑えるため、部分的に白く色抜けすることなく、シミ・肝斑・くすみ・色素沈着・ニキビ跡を改善します。
通常、美白化粧品は効能が高いほどお肌に与える刺激も強い製品が多いですが、ルミキシルは天然由来のアミノ酸から作られているため、刺激性アレルギー反応を起こさず、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

その他の特徴

・酸化せず、効果の安定性と有効性を維持
・水溶性で肌なじみがよくベタつかない
・保湿効果が含まれている
ルミキシル単体でお使いいただくのも効果的ですが、シミや肝斑治療のレーザーと組み合わせるとより一層効果が高まります。
また、ブリーチクリームやレチノイン酸ジェルと併用して使用していただくことも可能です。

使用方法

朝晩の1日2回、洗顔後にタオルで水気を取ってから、2プッシュを手に取り、乾いたお肌(顔全体)に塗布してください。
その後、化粧水・美容液・乳液など通常どおりのスキンケアを行ってください。
朝のご使用時には、最後に必ず日焼け止めをお使いください。

関連した料金表はこちらから