パールレーザー

レーザー治療[パール pearl]

パールレーザー[pearl パール]は、短期間のうちにコラーゲンの再生と古い角質の除去を同時に促すことで素肌の再生を行い、凹み(クレーター)・ニキビ跡(赤み・色素沈着)の治療を可能にした「お肌の入れ替え」レーザーです。
key_pearl-laser

パールレーザーの特長

パールレーザーの照射だけで、お肌のお悩みをまとめて治療

従来は、凹み(クレーター)やニキビ跡(赤み・色素沈着)の症状により、複数のレーザーを使い分けたり、ピーリングを別に施術するなど、治療に時間も手間もかかっていました。[pearl パール]は顔全体へのレーザー照射が可能な上に、複数の美肌効果を一度に発揮しますので、治療回数・治療時間も少なくて済みます。美顔効果に優れているため、定期継続もおすすめです。
質感の改善に・・・ニキビ跡、傷跡、毛穴・帯状毛穴、小じわ、ごわつく肌質など
アンチエイジングに・・・しみ、くすみ、光老化など
美肌効果・・・透明感、美白、つや肌へ

▼サーマル効果とピーリング効果を一度に発揮する…これがパールレーザーの強み。
パールレーザーの特長
パールレーザーは一度の照射で2つの効果(サーマル&ピーリング)を発揮します。

  • ピーリング効果…古い角質層を蒸散し、浮き上がらせる → 新しい皮膚との入れ替え
  • サーマル効果…コラーゲンを熱収縮、再生を促す → 内側からの引き締め効果
  • 肌をしっかり入れ替えていくことで肌の表面がなめらかになり、毛穴開きや、凹み(クレーター)が目立たなくなります。
  • 皮膚を内側から支えている真皮中のコラーゲンが減少することにより、たるみや小じわ、たるみによる毛穴の開き(帯状毛穴)が生じます。真皮中のコラーゲンの増加を促すことにより、素肌のハリを内側から回復させ、たるみ・小じわ・帯状毛穴を解消します。

パールレーザー施術の流れ

◆パールレーザー施術の流れ◆
麻酔クリーム塗布
麻酔クリームを塗布し1時間程度お待ちいただきます。
治療
麻酔クリームを拭き取り、レーザーを照射します。
軟膏塗布
ひりつき止めの軟膏を塗布します。術後のSRSマスクパックも有効です。
SRSマスクパック
クーリング
治療後に20分~30分ほど冷やします。(ご自宅でも保冷剤などで冷やして頂きます。

最新レーザー治療[pearl パール]

照射から2日後
照射から3日後
照射から4日後照射から1週間後

■院長鈴木より■

facebook院長写真(背景透過ver.)[pearl パール]のピーリング効果で古い角質を除去することによって、くすみがなくなり、顔色が明るくなりました。サーマル効果による皮膚の内側からのハリも実感でき、素肌でも鼻やほおの毛穴の開きが目立たなくなりました。
[pearl パール]は点状に肌を入れ替えていくのではなく、肌全体を面で一度に入れ替えていく為、全体にこのような薄いカサブタ状のものが出来ますが、効果の現われも早いです。たるみ・帯状毛穴・くすみ・小じわ、その他傷痕にも一度の照射で効果が見られますが、とりわけ毛穴・くすみの解消といった美顔効果が高いようです。大いにお勧めしたいレーザー治療です。

パールレーザーに関する注意事項

  • 治療前に日焼けをされている方はご相談下さい。
    また、治療後は日焼けをしないよう十分にご注意下さい。
  • 皮膚に光線過敏症や湿疹などのトラブルがある方、心臓病、糖尿病がある方、妊娠中の方は、ご相談下さい。
  • 口唇ヘルペスの既往のある方は、お申し出下さい。

関連した料金表はこちらから