メソポレーション

メソポレーションについてはこちらから

部分痩せのためのメソポレーション(無針メソセラピー)

key_mesoporation

メソポレーションの特長

~脂肪溶解とセルライト除去~

001-8

メソポレーション(無針メソセラピー)という方法によって、より効果的な部分痩せが可能になりました。
医療用のメソポレーションの機器(マトリポアプラス)を使用し、皮膚の奥深くの脂肪組織まで脂肪溶解剤やセルライト除去剤などを導入する方法です。
顔痩せ(フェイスライン、下まぶたの目の下のふくらみ)、二の腕、お腹、下半身(おしり、太もも)などの部分痩せをお考えの方は、ぜひご参照ください。 
※ただし、目の下のふくらみの場合は脂肪溶解注射の方が効果が出やすいです。
目元のクマ治療

002-4
←お顔への無針メソセラピー施術の様子。
青いハンドピースの先から薬液が皮膚中に導入されます。

メソポレーション(無針メソセラピー)… 注射針を使わず薬液を導入する方法

部分痩せのためには、痩せたい部分の脂肪溶解とセルライトの多い部分ではセルライト除去が必要になります。
従来、脂肪溶解剤やセルライト除去剤などの成分注入には注射を使用していました。
これに対して、メソポレーション(無針メソセラピー)は注射針を使わずに有効成分を皮膚の奥深くに導入する方法です。
メソポレーション(無針メソセラピー)・ 部分痩せの特長

注射針を使用しない、痛くない部分痩せ

無針メソセラピーは脂肪溶解剤・セルライト除去剤の注入に注射針を用いないため、痛みは全くありません。 顔や体にあざや注射針の痕を残さず肌を傷めませんし、感染の危険もありません。

顔・二の腕・お腹・おしり・太もも・下半身 … 文字通りの「部分痩せ」が可能です

「顔だけ」、「二の腕だけ」、「お腹だけ」というように、部分痩せしたい部位のどこにでもピンポイントの治療ができます。 また、おしりと太ももに同時に脂肪溶解・セルライト除去を施すことで、総合的に下半身を細くするといった治療ももちろん可能です。

筋肉を落とすことなく、細くなります。リバウンドの心配もありません

通常のダイエットでは、かなり運動をしないと筋肉量が脂肪と一緒に減っていきます。特に女性はダイエットで筋肉量が落ちやすいです。筋肉量が落ちると特に女性では、膝や腰の支えの筋肉が特になくなりやすいのでせっかくダイエットに成功しても膝痛や腰痛が出るようになってしまうことも少なくありません。脂肪溶解成分の注射でも、メソポレーションでも脂肪細胞だけが壊されていくので、筋肉量に変化がありません。又、脂肪細胞の数自体を減らせるためリバウンドもしにくくなります。

顔・二の腕・お腹・おしり・太もも・下半身 … 文字通りの「部分痩せ」が可能です

食事制限によるダイエットでは栄養摂取量も少なくなるため、痩せたとしても同時に筋肉量まで落ちてしまいます。本当に痩せたい部分はセルライトの影響で脂肪燃焼されません。結局、痩せたくない胸などの脂肪が減って、ボディバランスが崩れてしまいます。 また、筋肉量が減少することは基礎代謝量の減少でもあるため、リバウンドの一因となり、悪循環を招きます。 無針メソセラピーはあくまでも脂肪とセルライトだけに効果を発揮しますので、筋肉を落とすことなく、 部分痩せしたいところだけを細くすることが可能です。 「顔だけ」、「二の腕だけ」、「お腹だけ」というように、部分痩せしたい部位のどこにでもピンポイントの治療ができます。 また、おしりと太ももに同時に脂肪溶解・セルライト除去を施すことで、総合的に下半身を細くするといった治療ももちろん可能です。無理をして細くするわけではなく、脂肪細胞の数自体を減らせるのでリバウンドしにくい体質に変わります。

部分痩せ・無針メソセラピーで導入する薬剤と効果

部分痩せの無針メソセラピーに使用する薬剤は、脂肪溶解剤・セルライト溶解促進剤です。 その方の脂肪の状態を医師が触診して、最適なブレンドで薬剤を導入していきます。

脂肪溶解剤 脂肪溶解剤に含まれるリン脂質が脂肪細胞の膜を不安定にさせ、1~2週間ほどで細胞膜が破れて、中の脂肪が液状になって出てきます。
脂肪細胞から出てきた脂肪はマクロファージやリンパ管などに吸収され、肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気になってからだの外へ排出されます。
セルライト
溶解促進剤
セルライトは脂肪組織の塊に老廃物などが固着した物質。代謝されにくいため、食事制限やエクササイズなどでは、除去が困難なものでした。
セルライト溶解促進剤は脂肪細胞の周りに付着した老廃物を取れやすくし、脂肪によって妨げられていたリンパの流れや血行をよくすることで、セルライトが 壊れやすい状態に導きます。
また、脂肪細胞が脂肪を溜め込もうとする作用を抑える働きもあります。

脂肪溶解剤とセルライト溶解剤の安全性

分解された脂肪は肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気として薬剤と一緒に体外に排出されますので、体内に蓄積されません。
また、溶解剤の主成分は、脂肪細胞膜の構成成分である数種類のリン脂質を一定比率に調整したものです。
ステロイドやその他のホルモン剤などは一切配合されておりません。

無針メソセラピー・部分痩せの治療例(お腹・ウエスト、太もも)

無針メソセラピーによる部分痩せの実際の例を見てみましょう。

お腹・ウエストの部分痩せ

施術前

1クール(10回)施術後

▲20代前半女性 お腹・ウエストの部分はぜい肉のつきやすいところのひとつ。
お腹の下部(俗に言う“下っ腹”)と体側部の脂肪溶解を施術することにより、ウエスト全体が引き締まっています。

太ももの部分痩せ

施術前

1クール(10回)施術後

▲20代後半女性 太ももは脂肪とセルライトが蓄積され、ボワンと太くなってしまいがち。下半身太りの一因です。
太もも部分に脂肪溶解とセルライト除去を施術することで、太ももが全体的に細くなっています。
この例の場合、特に横幅がなくなり、下半身がスッキリ見えるようになりました。

より効率よく脂肪を落とすために・・・脂肪溶解注射との併用をおすすめしています

◆脂肪溶解注射とは

脂肪溶解成分(フォスファチジルコリン)を、直接脂肪が気になる部分に注射します。
脂肪の量によって、5mm~1cm間隔で注射していきます。

脂肪溶解剤

s2014.12.16 006

脂肪溶解剤に含まれるリン脂質が脂肪細胞の膜を不安定にさせ、1~2週間ほどで細胞膜が破れて、中の脂肪が液状になって出てきます。
脂肪細胞から出てきた脂肪はマクロファージやリンパ管などに吸収され、肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気になってからだの外へ排出されます。

Regen Slim(リジェンスリム)

注射の薬液をオプションとしてリジェンスリムに変更することも可能でs2014.12.16 002す。
◆リジェンスリムのメリット
従来はなかなか除去できなかった痛みや青タンを引き起こす成分を大幅に取り除くことが可能となったため、注射時の痛みがかなり軽減されました。
最高純度に精製された脂肪溶解成分(フォスファチジルコリン)を使用しているため、炎症が起きづらく腫れが出にくくなりました。
Lカルニチンを配合しているため、溶けた脂肪を効果的に燃焼していきます。
筋肉増強成分であるIGF-1を配合しているため、筋肉量がアップすることで基礎代謝量が増加します。


メソポレーション(無針メソセラピー)は大変優れたダイエット法ですが、効率よく脂肪を落とすために、用賀ヒルサイドクリニックでは脂肪溶解注射と合わせての治療をおすすめしています。
脂肪溶解注射の場合、即効性がありますが注射のみで続けていくとムラになることがあります。
メソポレーション(無針メソセラピー)の場合は、効果はゆっくりですがムラになりにくいという利点があります。
メソポレーションで脂肪細胞の膜が不安定になり、壊れかけている脂肪細胞を脂肪溶解注射で一気に壊すことで、より効果的なダイエットが可能になります。

関連した料金表はこちらから
関連したQ&Aはこちらから