いぼ治療

ほくろについてはこちらから

いぼ

20年以上のキャリアを持つ皮膚の専門医が診察・診断を行いながら施術を行います。

悪性またはウイルス性のイボはもちろんのことですが、病的ではない老化のイボであっても、容貌を損なうという美容的な理由で治療を受ける方が増えています。

イボの除去治療で大きな盛り上がりがなくなったり、肌のブツブツがなくなることで、確かにお顔の印象も違ってきます。
用賀ヒルサイドクリニックは美容皮膚科として、単に「イボをなくす」ということだけでなく、より美しい術後と仕上がりを考慮したイボ治療を行います。

いぼ治療

▲首元のいぼ治療

いぼ治療特長

より美しい・より短期間のイボ治療は美容皮膚科で

イボ(いぼ)の種類による治療法の違い

『老化のイボ(しみが盛り上がったもの)』

老化のイボの場合は炭酸ガスレーザーで治療します。
また、シミの盛り上がったタイプの老化のイボの場合は、除去して平らになった後にシミが残っていることがあります。 その場合、シミをとるレーザーや外用で治療することで、より美しい仕上がりが実現できます。大きくなってきて色が浮くことがあるので、でき始めは「白ニキビ」と間違える方も多いです。
『ウイルス性のイボ』
ウイルス性のイボ(扁平疣贅)は顔に多く見られます。尋常性疣贅は手足に多く見られます。ウイルス性のイボの場合、一般的な液体窒素による治療では治療期間がかなり長引く(数か月から年単位になる)ことがありますが、 用賀ヒルサイドクリニックで行っている電気分解メスによる治療ですと1~2回で完了させることが可能です。また、小さいウイルス性のイボの場合は、炭酸ガスレーザーで治療が可能であることも多いです。
ウイルス性のイボも老化のイボも人によってはイボとわからずに、肌がとても荒れているとか、白ニキビがずっと治らないと思っている方もいらっしゃいます。あまりに長期間、 白ニキビが改善しない場合はイボの可能性がありますのでご相談下さい。 また、1度に500個以上でも処置することは可能です。

内服薬・外用薬によるイボの予防

内服薬(イメージ)漢方薬やビタミンCなど、イボの状態や部位に応じて、適切な外用薬、内服薬の処方をいたしております。
内服薬・外用薬の詳細を見る

 

 


イボ(いぼ)の治療・改善例(首、こめかみ~頬、上まぶた)

治療前

治療後

▲イボ治療例 首の老化のイボ・・・首は老化のイボが出やすい部位。黒く見えるのが老化のイボです。画像は炭酸ガスレーザーでの治療。

治療前

治療後(炭酸ガスレーザーによる)

▲イボ治療例 こめかみ~頬の老化のイボ・・・この部位も老化のイボが出やすいところです。たくさんの小さなシミのように見えるのが盛り上がりタイプの老化のイボ。 炭酸ガスレーザーでの治療です。

イボ治療の流れ

◆イボ治療の流れ◆
診察・カウンセリング
 
処置(炭酸ガスレーザー又は、電気分解メス処置)
局所麻酔をするので施術中は痛みはありません。
痛みに弱い方や数が多い方は麻酔クリームも併用して行います
翌日~経過のチェック~
 
約1週間~10日後~経過のチェック~
カサブタが取れ、皮膚ができれば治療が完了です。イボの下のシミは残るものもあり、気になる場合はシミの治療に移ります。

イボ治療に関するメディア記事

雑誌掲載のイボの記事

「ホスピタウン」掲載のイボの記事

関連した料金表はこちらから