レーザートーニング

レーザートーニングで肝斑治療

key_toning

レーザートーニングの特長
レーザートーニング

レーザートーニングとは・・・

レーザートーニングは、レーザーが照射される形に特徴があります。
通常シミ治療で使用されているレーザービームは、中心が最もエネルギーが強く、中心から離れるにつれてだんだん弱くなるという、ガウシアン型と呼ばれる山の形をしています。 このため、肝斑などに照射すると、エネルギーの強すぎる中心部は炎症を起こして悪化する恐れがあり、反対に端の部分ではエネルギーが弱すぎて効果が表れにくいという欠点がありました。
それに対してレーザートーニングのビームは、中心と端で強弱の差がないトップハット型と呼ばれる平らな形なので、均一にムラなくエネルギーを届けることが可能になったのです。
001
レーザートーニング治療では従来のレーザー治療とは違い、広範囲に弱いパワーで照射をしていくため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、 メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。
1回で目に見えて薄くなるということはありませんが、逆に1回の治療で肝斑を悪化させるような刺激を与えることもありません。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。
その他、シミやくすみなどの色ムラも改善され、開いた毛穴もピンとハリがでてキメが整っていきます。

又肝斑と同じようにゆっくりできてきた炎症後の色素沈着(下着のこすれ・正座による膝の黒ずみ・肘をつくくせによる肘の黒ずみなど)にも効果的です。


肝斑とは、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種で、両頬・額・下顎・上唇(鼻の下)に左右対称にでてくるのが特徴です。
シミの境界がはっきりとしておらず、できはじめの時はまわりとの濃淡の差もあまりないので、初期の段階では気づかないことが多いです。
肝斑のできる原因はまだはっきりとは特定されていませんが、ホルモンバランスが崩れた際に、紫外線の刺激や触りグセ・メイクによる摩擦の刺激などが加わることによって 常に炎症が続き、その結果メラニンをどんどん作り出す「炎症性の色素沈着」を起こしている状態と言われています。
肝斑は一度出てしまうと、どんどん拡大し濃くなっていき、色を消してもまた出てきます。そのため完治することはありませんが、 治療後に色が取れたら日常的に外用薬(ブリーチクリーム・レチノイン酸)の使用と内服薬(ビタミンC・トラネキサム酸)の摂取を続けていただくことで、 また肝斑が出てくるのをかなり遅らせることができます。それに加え、トラネキサム酸と美白成分の導入(メソポレーション( エレクトロポレーション ))で肌に栄養を与えていくことで、 さらに出てきにくくします。
このように、これまで肝斑に効く治療法は外用以外ありませんでした。それは、皮膚にダメージを与え炎症を起こすような強いレーザー治療をすると、 肝斑は逆に悪化してしまっていたからです。
そして、これまで禁忌とされていた肝斑にたいしてのレーザー治療を可能としたのが、レーザートーニングです。


スタックトーニング

スタックとは積み重ねるという意味です。スタックトーニングとは、カサブタにならない照射設定で 何度も重ねて照射をしてメラニンを壊し、シミや肝斑を改善していく方法です。
昔に比べてレーザーが改良され、ムラなく徐々にメラニンを壊していくことが可能になりました。
この方法により、深くにあるシミや肝斑に重なっているシミ、ゆっくりと年数をかけて出てきたかなり古いシミなど、すべてのシミにしっかりとした対応ができます。


治療例

治療前

7回治療1週間後

▲Case1 30代女性 7回治療1週間後
メイクで隠しきれなかった両頬のシミが改善。毛穴も引き締まって透明感のあるツヤ肌に。

治療前

7回治療1週間後

▲Case2 30代女性 7回治療1週間後
数年前に急に現れた両頬のシミが改善。肌の色ムラが均一になって素肌力アップ。

治療前

5回治療1週間後

▲Case3 40代女性 5回治療1週間後
顔全体に点在するシミにも。肌全体が1トーン明るくなって健康的な肌に。

治療回数

1~2週間ごとに照射していき、平均で5~10回程度の治療回数が必要となります。
1~2回目はツルツル感やハリ感を感じ、2~3回目くらいから薄くなっていくのを実感できます。
レーザートーニングは、回数を重ねるごとに改善していく治療です。
メンテナンスとして1~2ヶ月に一度の照射を続けておくといいでしょう。

レーザートーニングのメリット

①肝斑などの通常のレーザーで治りにくかった色素沈着の治療が可能
②通常のシミ治療のレーザー後のようにシミが一時濃くなることなく、又カサブタなどもできることもなく徐々に薄くなっていく
③治療時間が短いので、忙しい方でも気軽に受けることができる
④テープなどを貼る必要がないため、まわりの人に気づかれる心配もない
⑤治療後は赤みも目立ちにくく、すぐにメイクが可能

治療後の注意点

治療の直後は、肌が特に紫外線によるダメージを受けやすい状態になっておりますので、必ず日焼け止めをご使用ください。
また、肝斑は洗顔やメイクの際に過度な摩擦の刺激が加わると悪化することもありますので、十分ご注意ください。
レーザートーニングを含め、肝斑は完治させる(2度とでなくさせる)治療法ではありません。レーザートーニング後も紫外線対策をしっかりとしつつ、 これまで通り日常的に外用薬や内服薬は続けていき、メンテナンスを行うことでより良い状態を保つように心がけましょう。